賠償は行われるべきものであり、特に自分側の被害が酷い場合はそう言えます。そういった状況で賠償が行われないと言うこともありますが、やはりそういった事態は避けたいものです。しかし、どのような場合にも賠償が認められるわけではありません。事故時に賠償が(充分に)行われない事態には、どのような事態があるのでしょうか。

まず、そもそも事故の賠償といっても、様々な種類があります。事故と言うことはやはり車の一部が壊れたかもしれませんし、全損になってしまうこともあります。また、事故によって怪我、重傷を負う場合もあります。その際は、治療費や入院費、手術費が必要になる場合もあります。それらの期間、働けなくなりますのでその補償も必要になります。それらを充分請求する際には、弁護士を通して行うのが確実ですが、そうしなかった場合には、比較すると賠償金が下がることがあります。

また、前述した『怪我』に関係することですが、いわゆるそれらの症状は、あとになってひどくなることがあります。そもそも最初はどこもおかしくない、と思っていたものの、実は骨折していた、ということがあります。そういった際にも、人身事故として扱われなくなってしまう場合があります。