事故時の対応について

さて、人は咄嗟のことが怒ったときは慌ててしまうことが多くあり、冷静な判断を下せない場合があります。特に、交通事故を経験したときはそう言えます。しかし、そういった状況に陥っても、もし判断が可能な場合であれば冷静に物事を判断する必要があると言えるのが、今回の『賠償』と言うテーマに繋がっていきます。

交通事故が軽微なものの場合、双方で話し合って(示談)ということにすることがあります。これであると特定の手続き等が必要ありませんが、これがおすすめ出来ないのは、相手方から、本来の賠償金を受け取れない可能性があるという面です。本当であれば、もっと受け取ることができるのに、示談で済ませてしまえば、その後の様々な補償も受けられないことがあります。

ですから基本的には、軽微な事故であっても事故が起きてしまった場合は、警察への連絡、怪我人がいれば病院への連絡、それに伴う救護、または現場の状況、相手の氏名、年齢、住所などの情報や車種などの記録、それらを行っておくことによって、より正当な賠償額を受け取ることへ繋がります。そもそも事故は起こさないから良い、とたかをくくっていると、自分が被害者になった時にあまり考えずに行動してしまうことがあるので、注意が必要です。