相応の賠償を受けるために

だれもが、受けた被害に対しては相応の賠償をしてもらいたい、とおもっています。この点で妥協するのは優しさではありません。もし相手に全責任がある場合は、特にそう言えます。ただし、交通事故における責任問題は難しいことが多く、10対0にならないことが多いのです。また、被害を受けた側がきちんと手続きを取らなかったために、本来は受けられるはずの賠償を受けられなかった、ということもあります。

とっさには私達は対応できないことがありますので、今からそういった万が一のときのために準備しておくのは、事故を心配して行うことではなく、賢明なことであると言えます。また、交通事故の相談ができる弁護士を見つけておく、ということも良い準備の一つでしょう。

事故は誰もが起きて欲しくないと思っていますが100%自分の身には起きないという保障はありません。それどころか、油断は自分が事故を引き起こしてしまう、いわば、責任を負わなければならない立場になってしまうことがあります。安全を第一にした運転をすることもそうですが、もし事故を起こした場合に負わなければならない責任に対して正しい理解をしておくことは、自分が運転のプロとして準備ができていることを示すことになります。